1.入院費について
●入院費のお支払方法
   @入院の保証金は必要ありません。
     A入院費は毎月末に締め切って翌月10日以降に請求書をお渡しいたします。
    お手数ですが、地階受付にてお受け取りください。
    請求書をお受け取りになられたら、原則5日以内にお支払いください。
    ご事情があり遅れる場合は、必ず事前にご連絡ください。
     B入院費のお支払いは、平日は9時から19時、土曜日は9時から13時の間にお願い致
        します。休日のお支払いはできませんのでご了承ください。
     C個室を利用される方は、入院費の他に個室使用料金が加算されます。
     D退院の際は、地階受付でお支払いをお願いします。
     E自己負担額が高額になった場合、自己負担限度額を超える分については健康保険から高
        額医療費として支給されます。詳しくは受付へお尋ねください。
     F保険適用外(自己負担)の費用は同意書の通りです。
       その他に自己負担が発生する場合は、事前に同意書を作成させていただきます。
 
  ●お支払いについてのご相談
     @入院費のお支払いについてのご相談、お悩み等がございましたら地域支援室、または受
        付にお気軽にお尋ねください


2.治療を受けるにあたって
●入院して1週間以内に主治医が治療計画をご説明いたします。
  ●入院中は、医師などの病院職員の指示に従ってください。
  ●病院内・病室内では静粛を守り、高声騒音を慎んでください。
  ●入院中の飲酒・喫煙は原則禁止になります。
  ●みだりに他病室に立ち入ったり、長時間話し込んだり、大声で会話など他の患者さんの迷
     惑になることは避けてください。テレビ・ラジオはイヤホンをご使用ください。
  ●ペット類の持ち込みは禁止いたします。
  ●原則として「付き添い看護」は認められません。ただし、主治医が特に「付き添い看護」を
     必要と認めた場合や主治医の指示による場合のみ許可しています。
  ●特別の事情がない限り、入院中の外泊は認めません。 やむを得ず外出・外泊をする場合は、
     主治医の許可が必要です。外出・外泊をご希望の時は医師・看護師にご相談ください。
  ●寝間着のままの外出はご遠慮ください。
  ●治療の都合によりお部屋の移動をお願いする場合がございます。ご了承ください。
  ●他の患者様に迷惑をかけたり院内の秩序を乱した場合は、院長の判断で退院して頂きます。


3.食事について
  ●入院中は医師の処方により管理栄養士が患者様の病状・状態に合わせた食事を当院でご用意
     します。医師の許可がない場合は、その他の飲食はご遠慮ください。
  ●病棟3階に食堂、相談室を設けてあります。ご利用は医師・看護師にご相談ください。


4.面会について
●入院中の患者様の安静と治療上の支障を考慮し面会時間を定めておりますので遵守下さい。
   月曜日から日曜日面会可能です。
    【面会時間】 午前10時〜11時30分 午後2時〜4時30分
  ●午後9時以降の面会はご遠慮ください。
  ●面会は、短時間で他の患者さんの迷惑にならないよう、お静かにお願いいたします。
  ●喫煙される方は、1階玄関前喫煙所でお願いいたします。
  ●小さなお子様や大勢でのご面会はご遠慮ください。
  ●面会者による差し入れ(生物等)は、基本出来ません。
     食中毒等になる可能性がございますのでご遠慮ください。その他の食品についても患者様
     の状態によってはお断りする事がありますので、医師・病棟看護師にご相談ください。


5.入院生活について
  ●私物洗濯物は外部委託しております。別途契約して頂くか、ご家族で洗濯してください。
  ●当院の設備・備品を紛失や破損された場合は、自己負担して頂くことがあります。
  ●ゴミの分別にご協力ください。
  ●貴重品および金銭の持ち込みはご遠慮ください。
     万一、持ち込み事故に遭われても当院では責任を負いかねますのでご承知おきください。
  ●消灯時間は午後9時となっております。(電話の取次ぎも消灯時間まで)


6.退院について
  ●主治医の診断により退院が決まりましたら、退院の手続きを行います。
  ●基本、退院日に入院費の清算をお願いします。
     但し、急な転院等の場合は清算が出来次第ご連絡致しますので受付でお支払いください。
  ●領収書の再発行は致しかねます。医療費控除等に使用しますので大切に保管してください。
  ●退院会計について不明な点がございましたら、地階受付にご相談ください。


7.その他のお知らせ
  ●医師など職員への心付け(菓子等)は一切辞退申し上げます。
  ●特別室を希望される方は、看護師までお申し出ください。
  ●院内における携帯電話や電子機器の利用は精密機械に影響を及ぼす事があり、治療に支障
     をきたす場合がありますので患者様はもちろん面会者の方も所定の場所(1階玄関)以外
     でのご使用場ご遠慮ください。
     なお、職員の使用しているPHSは医療用として対策を施していますのでご安心ください。
 
  ●交通事故が原因で入院された方へ
     交通事故が受傷の原因の場合は、原則当院の自由診療とさせていただきます。
     入院後に必ず、当院事故担当者の説明を受けてください。
     入院費用は、患者様が一旦病院にお支払いになり、領収書と共に相手方にご請求ください。
     ひき逃げの場合や単独事故の運転手の方は、健康保険を使用していただく場合があります。
     また、仕事中・通勤途上の交通事故は、健康保険が使用できませんので、下記所定の労災
     様式をご用意頂く場合があります。
     
  ●労災保険の適用を受けられる方へ
     仕事中・通勤途上に受傷した場合は、労災保険の適用となります。
     @仕事中のけが:様式第5号
     A通勤途上のけが:様式16号の3(転院してこられた場合は様式番号が違います)
     労災様式は入院当月中に持参してください。
     もし持参できない場合は、患者様の自己負担となります。
     ご不明な点は当院受付までお尋ねください。
     
  ●保険証を提示されない患者様へ
     当月中に健康保険証の提示がない場合は健康保険の取り扱いが出来ませんので、全額自費
     でのお支払いになりまので必ず健康保険証等を提示してください。
  ●入院中、お気づきの点がございましたら、病棟看護師長までお申し付けください。


■他の医療機関(病院・診療所)への受診について
  入院中、他の医療機関(病院・診療所)での専門的診療の必要が生じた場合は、当院の紹介
  により他の医療機関へ受診していただくことになっています。
  また、従来から他の医療機関へ通院しておられた方も当院入院中は同様の扱い(当院の紹介
  により)となりますのでご注意ください。
  診察を受けないで薬だけ処方してもらうことは、健康保険法にて禁止されております。
  なお、当院の紹介無しで他の医療機関へ受診された場合、診療にかかった金額を全額(10
  割負担)ご請求させて頂きますのでご了承ください。


■院内発生事故について
  院内で療養して頂く中で、ごく稀に自発動作のある患者様がベッドから降りようとする理由
  (排泄欲求、オムツ内の排便の不快)で誤って転落する事故や、自力歩行できる方の転倒事
  故、自発動作のない寝たきりの方や認知症の方に原因不明の傷、アザ、骨折等の院内事故が
  発生するケースがあります。
  当院におきましては、患者様が安全に療養して頂くために、転落防止のベッド柵、安全に歩
  行できるよう手すり等を設置しており、さらに看護職員も基準以上に配置し、昼間および夜
  間帯を含め安全対策を講じておりますが、不可抗力による事故発生時は速やかに医療ス
  タッフにより処置等を実施すると同時に、ご家族にも迅速なご連絡・ご報告を行います。
  家族様には何卒ご理解の程お願い申し上げます。
  なお、ご自宅での生活状況や環境等でご心配されていることがありましたら職員にお知らせ
  下さい。
 

   



 ▲このページのTOPへ